Jeunesse Global(ジュネスグローバル)に勧誘された話






今日、Jeunesse Global(ジュネスグローバル)という、アメリカのネットワークビジネスの勧誘をされました。
面白かったので忘備録。

スペインに住んでいた頃のフランス人のお友達から、急にFacebookにメッセージが届きました。
最近どうしているの?
何しているの?
と。

それからちょくちょく、
私は今ドイツに住んでいて、今年の1月からドイツ語を勉強していること、彼女はつい先日、フランスの実家に帰国したこと、
など、たわいもない話を。

一週間くらいやりとりしていたら、急に彼女が、Skypeで話したいと。
とても大切で、あなたにとってもきっと面白い話だから、と。

なんとなーく、ちょっと変だな、という予感はしました。
大学生の頃、ずっと連絡していなかった小学生の頃の友達から連絡が来て、久しぶりだから会おうよ!と会ったら(イケメンだったからちょっとワクワクしていた)、
宗教の加入をされたことがあって。なんとなく、それに雰囲気が似ていたのです。

宗教の勧誘かもれしれないし、ネズミ商法かもしれない。
でも、彼女は明るくて素敵な人だったから、せっかく思い出してくれて久しぶりだし、暇だし、スカイプしてみようと決心。

彼女はずっとヒップホップダンスをして生計を立てていたのだけれど、リウマチでダンスが続けられなくなったこと、
個人事業主として生活しようと思ったけれど、スペインでの許可が下りなかったこと。
それで、約3年半住んだスペインを離れ、フランスの実家に戻ったこと。

私は、ドイツに来て、今はドイツ語の勉強に必死なこと。
ドイツには長く住みそうだということ。
夫の仕事次第では、今後、世界中どこにでも行く可能性があること。

あなたの話、聞かせて!聞かせて!と。勧誘の情報を集めようとしたのでしょう。

そんな話をしていたところ、ついに!彼女の勧誘が始まりました。

ずっと会っていなくて7年ぶりに会った男性がいた。
彼の人生の目指すものが、自分のものとまさに合致していて驚いた。
彼はビジネスをしていて、自分も誘われたので、チャレンジしてみることにした。
大きな転機となったし、大きなチャンスを掴んだから、このポジティブなスパイラルをあなたにも広げたい!
・・・
なんだかふんわりしていて、何の話をしているのかわからず。
でも、まぁいいや、なんか怪しいけどいいや、と話を聞いていました。

あなたの夢はなに?
と聞かれたので、正直、今後どこに定住するかもわからないし、仕事も人生でやり遂げたいようなことはない。
ただ、子供はそのうち欲しいと思っている。
ということを答えると、
彼女は、それは素晴らしい夢だよ!私もそれは夢のうちの一つだよ。と、とにかくポジティブに励ましてくれる。
なんだろう、メンタルコーチングみたいなやつかなぁ‥なんて考えながら、流れに身を任せる。

例えば、子供がいて、教育とか、食べ物とか、旅行とか、お金はあった方がいいでしょ。
これは、世界中のどこにいてもできるビジネスだから、あなたがどこに住んでいても、旅行に行っててもできるの。
と。。
なんだかわからないけどキター!!!!!笑

E-Mailアドレスを教えて!私は5分後にアポイントが入っているから、残念だけどまた。
E-Mailで私が今取り組んでいるプロジェクトの詳細、送るから!
また明日スカイプできる?また話したい!
というので、
何が何だかわからない私は、少し警戒し、時間が空いた方が良いと思って、スカイプするのは三日後が良いと答えました。
そして、
何度も、これは、とても大きなチャンスだから!あなたはとてもポジティブでいつも笑顔で、素晴らしいよ、スペインの頃から変わっていない、これからも大切にしていってね!
それから日本語も英語もスペイン語もドイツ語も話せるのはとても優秀よ!
とベタ褒めされ、会話を終了。

すぐに、教えたE-Mailにメールが届きました。
おそらく定型文でしょう。会話終了後すぐにこんな長文メール書けないですよね。
名前のところだけ律儀に変えられていました。

以下引用(個人情報の部分だけ■に変えています)

Hey again ■!!!!😄

Let me introduce you a huge company called Jeunesse Global. In only 6 years they made as good as Facebook, Google, Amazon ou Apple : 1,1 billion of turnover!
It's crazy especially when it comes from a network marketing. Usually they need 10, 20 years and even more to be able to achieve these numbers.

You will have only three things to do:

1- Look first at this video: https://youtu.be/9g1As1cBjGY.

Jeunesse - Instantly Ageless™ Live Demo
youtu.be
Jeunesse - Instantly Ageless™ Live Demo http://www.jeunesseglobal.com/products.aspx?p=INSTANTLY_AGELESS Instantly Ageless™ Demo recorded LIVE on November 7, ...

2- Then, look at these fotos before and after using the Jeunesse's products. It's insane!! I don't want you to buy them, i just want you to realize how powerful they are with using the last innovative technologies. (without using animal products even tests on animals). You will find them on the web site: https://www.jeunesseglobal.com

3- To finish, go on www.empoweruteam.com, click on English then on "Discover Jeunesse" and you will find a first video. Listen to Pierre and Christine's interview (22 minuts) about their story with Jeunesse Global. Listen carefully to what they say behind the words.

There you are ■, in less than 24min you will have an overview of what we do. Now, i'm sure you have plenty of questions about it. Just write them down on a paper and if you are open i will answer you with one of my colleague. What cares me the most is to make sure that you will take the right decision. Could you please send me an email to tell me that you received this information.
My Web site: www.■■■.com

Thanks to you sweetie,
See you on Wednesday! 😙😙




と、このようなメールでした。
調べると、メンバーになると、一人一人のホームページアドレスがもらえるそうです。
(一番最後の、My Web site: www.■■■.comというやつ。)
メールの最初に記載してあるURLの視聴回数 1,959,311 回に早速びっくりしてしまいました。

彼女、スカイプでの会話の中で一言も”化粧品”なんて単語を発しなかったし、ビジネスの部分にフォーカスしていたのでしょう。
取り扱う商品は、肌の再生医療、幹細胞テクノロジー、細胞の活性化、とうたった美容液他、化粧品のようです。

私の個人的な考えでは、このような科学技術は医療で使えば良くて、一般人の美容にまでこんなテクノロジーを使わなくていいかな、と思っています。
火傷をした人、皮膚の病気の人などの医療として扱うのは賛成ですし、せいぜい美を商品としている芸能人などは使えばいいと思いますが。
私のシワが一つ減ったところで、誰も喜ばないし、ドイツの優秀で優しいオーガニック化粧品で十分だよ、と。
私は、変に細胞を活性化させて、老化が早まって癌のリスクが高まる方が恐ろしいです。

また、ビジネス面では、お金はもちろんあるに越したことがないけれど、個人的に賛同できない製品を友人に売ってまで、お金儲けをしたいとは思っていません。
決してお金持ちではないけれど、今の生活に十分満足していますし、働くなら、もう少し違うことがしたい。
強いてこのビジネスに関わるなら、研究開発くらいかな、興味があるのは。

ということで、丁重にお断りしました。
上記の理由と、お互いの時間を無駄にしたくはないので、三日後のスカイプもなし。
あなたを否定したいわけではなく、あなたの選択と人生はリスペクトしているよ。
友達として好きだけれど、ビジネスパートナーとしてじゃなくて、今後も友達として関わりたい、
思い出してくれて連絡してくれたのは嬉しかったよ。
またフランスに遊びに行くねー!ドイツ来るときには連絡してねー!と。

彼女も、
最初から正直に言ってくれてありがとう、もちろん、来るときは連絡してね、行くときは連絡するね、また会おうね!
と。穏便にいきました。

HPも見ましたが、数年でいくらの売り上げがあって、これはすごいことなんだ!今これに関わったあなたはお金持ちになってキラキラな生活が送れる、、そんなアメリカンドリームなメッセージ満載のHPでした。

各所から、ネズミ商法、アムウェイやニュースキンを彷彿とさせてしまいましたが。
(↑良く調べると、ちょっとずつ仕組みは異なるそうです。)
個人的にあんまり好きな商法ではないけれど、ビジネスモデルを考えた人はすごいな。

ということで、変な経験したので、記録してみました。
会社関係者の方、この会社の製品を愛用している方、ごめんなさい。







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック