火事?ガス漏れ?消防車4台にパトカー2台がうちのマンションに駆けつけた






夕食の準備をしていると‥
ピーピーピーと、報知器のような音がかすかに聞こえてきました。
でも、誰も何も騒いでいないし、共用部分の廊下に出て歩き回ってみたけれど、どこかから煙が出ているわけでもないので、誰かの目覚まし時計か何かかな、と呑気に家で夕食作りを再開しました。

15分後くらい、家のチャイムが鳴る。
開けてみるとお隣さんでした。
この音なんだか知っている?と、聞かれましたが、私も気になっているんだけど、わからないの。。
と答えると、まぁ、煙が出ているわけじゃないしね、とお隣さんも呑気。

しばらくしたらすっごいサイレンの音!!
誰かが通報したのか、わからないけれど、窓から道路を覗くと、消防車4台にパトカー2台が止まって、野次馬もたくさん来ていました。
どんどん消防士さんたちがマンションに入ってくる。。

76792_m3w605h320q75v63940_frankfurt_flughafen_polizei.jpg

住人たちも、皆、玄関の扉を開けて、消防士さんたちが階段を駆け上がっていくのを不安げに見ています。
ただ、危ないから退去せよ、とかそういう事は全く言われなかったので、きっとここにいても大丈夫なのだろう、と、いざという時のために起こっていることを夫にメールしながら、ドアを開けて事態を見守っていました。

消防士さん、警察、担架を担いだ隊員、ガスボンベにマスクをつけた隊員30人くらいが私たちのひとつ上の階の扉の前でわらわらしています。。
何事でしょう。。

おそらく、報知器が鳴っている部屋の住民は不在か、何らかの理由で出てこないか、どちらかだったようで、ドリル?か何か専門の機械でドアをこじ開けている音がしました。怖

時代も時代なので、中に人がいて自爆テロしたら‥銃撃戦になったら‥
どうしようどうしよう、と、その時点になってからいろいろなことが頭をよぎり不安になりましたが、結果何事もなかったようです。

しばらくの間、巨大な装置でその部屋に風を送風し、大規模に換気を行って、隊員たちは帰って行きました。

廊下で住民たちが不安そうに顔を見合わせているけれど、何があったかは教えてもらえず。。

40分間くらいの出来事でしたが、不安な時間でした。
きっと住民不在の報知器の誤発動かなにかだと思っているのですが、それにしても消防車4台・パトカー2台と、かなり大騒ぎな出来事でした。

私たちもですが、きっと警察もナーバスになっているのでしょう。。
お疲れ様です。

騒ぎがちょうどおさまり、緊急車両が撤収していった直後、夫はあれ?誰もいないよ?と、のうのうと帰ってきました。
ラッキーなやつです。。(^_^;)

その部屋の住民(顔見知りじゃないんです)はどうなったのか、気になりますが、知る由もありません。。
すっきりしないブログですみません(>_<)







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック