一時帰国で購入してきたものたち






日本に一時帰国した時は、いつも荷物の重量と容量との戦いです。
いかに日本食材・日本の商品を詰め込めるか、どんどん技術が向上しているように思います(^_^;)

過去記事にも記載した通り、今回は成田→フィンランド(経由地)がJALのフライトだったので、23kg×2個までの預入れ荷物でした。
なので、スーツケースと、ダンボール、それから機内持ち込み手荷物。
両親に呆れられながらも、一生懸命に荷物を運びました。

こちらが戦利品!
DSC06556.jpg
DSC06557.jpg

・日本酒の本『日本酒の基』(好きが転じて唎酒師の方が勉強する5000円以上する本格的なものを購入してしまいました。)
・雑誌各種(『Hanako FOR MEN 日本酒&寿司』・『 OCEANS Winter style 2016』・『Tarzan 太らない食事学』・『CREA Traveller 憧れのリヴィエラ』)
・ドイツ語の本(『ドイツ語リアルフレーズBOOK』滝田佳奈子著(研究社))
・冷えピタ(爆買いで人気商品だというので買ったみた。)
・貼るホカロン(スペイン在住の時は必要なかったけれど、ドイツでは必需品!なんでヨーロッパにないのでしょう。)
・和風箸置き
・重曹・クエン酸(ドイツでも購入できるけれど比較してみたかったんです。)
・サランラップ各種(日本のものはストレスフリー。)
・キムチの素
・醤油
・料理酒(いつもは紹興酒や白ワインで代用。)
・そうめん
・揚げずにからあげ(からあげは外人にウケが良いのでパーティーで使えるかと。)
・昆布
・とろろ昆布
・すしのこ(いつもは酢と砂糖で作っているけどちょっと化学っぽいのも美味しい。)
・ふりかけ各種(夫のおむすび用)
・ホットケーキミックス
・カレールー、シチュールー
・味噌汁の具(味噌汁以外にも酢の物とかに使えます。)
・無印良品のカレー(お友達がもたせてくれました♡)
・乾燥よもぎ
・白玉粉
・杏仁豆腐の素
・抹茶ムースの素(富澤商店のもの、外人ウケが良いです。)
・切り干し大根
・乾燥ひじき、五島三菜、乾燥ひじき人参
・高野豆腐
・にがり(お豆腐作ってみようと。)
・一風堂のインスタントラーメン(たまらん♡)
・手巻き寿司用海苔
・お茶用パック
・緑茶、ほうじ茶、ウーロン茶
・生姜のど飴
・半月(お友達がもたせてくれました♡)
・もりの漬物(お友達がもたせてくれました♡最高!)
・歯磨き粉
・ヒアルロン酸化粧水
・夫の資生堂のメンズシャンプー
・和風ポチ袋
・和風一筆箋
・和風ふきん(ヨーロッパの洗濯機で洗うとすぐテロテロになるので手洗い必須だけど可愛かったので。)
・虎屋さんのカレンダー
・和食器
・伊勢丹で購入した和テーブルウェア(和紙のテーブルマット、和風のコースター、和風のボトル飾り)
・夫のスーツ
・夫の仕事用ワイシャツ三着
・ユニクロ各種(ヒートテック・デニム・カシミヤニット・靴下・マフラー、等)
・iPhone・MacBook Air

DSC06548.jpg
・日本酒(浦霞、満寿泉、楯野川、真澄、が私が持ってきたもの、あとは友人が持ってきてくれたもの。)

DSC06545.jpg
・焼酎(宝山3種←一番右のが私が持ってきたもの、左二種は友人が持ってきてくれたもの。)

はぁ、重かったです。
今ふりかえっても、よくやりました。執念です。
空港まで夫とその友人が迎えに来てくれたので助かりました。

ダンボールの中、カオスでした。
DSC06542.jpg

でも、お酒類も一つも破損せず、無事に持ってこられて、
しかもフランクフルトの空港でも追加課税されることなく(過去記事→免税適用 日本に一時帰国中の買い物(実践編))、
持ってくることが出来て良かったです。

しばらくはドイツでも癒しの生活が送れます。
でも、日本の年末年始、過ごしたいなぁ。
年越しそば、紅白歌合戦、ゆく年くる年、初詣、初日の出、おせち、お屠蘇、親戚で集まるなど‥
次帰国できるのはいつかなぁ‥







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック