ドイツの生理用品 月経カップ編






ドイツの生理用品 生理用品編(過去記事)の続きです。

IMG_8444.JPG

今年の夏のある日、スペインでビーチに女3人で行った日のこと…
タイミング悪く、来てしまいました。レディースデーが。
タンポン嫌いなので、海には入らず友人が楽しそうに海に入ってはしゃぐのを横目に、上だけ脱いでビーチサイドに転がっていました(:_;)

タンポン(Der Tampon)って、長時間使用するとトキシックショック症候群(TTS)の危険性があると言われています。
私の場合は長時間使用しなくても、身体がむくんだかんじがする。
それに、漏れないかとても心配。
出し入れもすごく嫌。
…なので嫌っていたのです。

でも、その海に入った子のうちの1人が衝撃発言。
「うちも今生理やねん。でも月経カップ使ってるし平気♪」と。

その時、月経カップなんて知らなかった私は、何事もない様子で海に入ったその子が輝いて見えました。
出し入れの嫌さはタンポンとそんなに変わらないけれど、TTSの心配もなく、漏れの心配もほとんどなく日常生活を送れるという月経カップには興味が出てきました。

アメリカ、カナダ、ヨーロッパなどではメジャーなものだそうで、ドラッグストアやエコスーパーなどに生理用品として陳列されています。


こんなブログの場合、本当は使用してからレビューするのが良いのでしょうが、しばらく一時帰国やら旅行やらでゆっくり時間がとれそうにないので(構えすぎ!?)、
まずは月経カップ(Menstruationstasse, Menstruations Kappe)について、調べた製品情報だけ書いておこうと思います。


月経カップの使い方
1.手とカップを洗って清潔にする。
2.縦方向に半分に折りたたむ。
3.U字型の丸みのある部分から膣に挿入する。(つまみの先端部分が1cm以上入らない程度)
4.カップの底をつまんで、左右どちらかの方向にカップを一回転させ、正常にセットされていることを確認。
5.取り出したら、カップの中身をトイレに流し、専用洗剤Diva washか低刺激の無香料石鹸とお湯で洗浄。
※カップの取出目安は最長10~12時間、1日2~3回以上。


月経カップのメリット
・ちゃんとお手入れすれば半永久的に使用できるので、経済的、そして地球にも優しい。エコ。
・トキシックショック症候群(TTS)の危険性がない。
・生理中でも替えを持ちかなくて良いので荷物にならない。
・経血(生理の血)の量や色・固まりを見ることができるので健康管理になる。
・漏れを気にしなくてよい。
・異物感がない。
・洗うのが楽。


月経カップのデメリット
・清潔に保つことが必要。
・ティッシュやウェットティッシュで拭いて、自宅に帰ってから洗浄するので良いとあるが、綺麗好きな人には外出先のトイレの個室に流しがないと嫌かも。


ドイツで販売されている主な月経カップ
①月経カップで最も有名なのが、DIVA CUP(ディーバカップ)というカナダ発の50年以上続くブランド。
DIVA CUP 【1】:30歳以下で、ご出産未経験者の方用(~約4cm)
DIVA CUP 【2】:30歳以上の方、または、ご出産経験者の方用(~約4.5cm)
※【1】か【2】かの対象は、おおよその目安で個人差がありますが、購入者の約8割の方は【1】を使用しているそうです。

DivaWash 177 ml:DIVA CUPの専用洗剤(低刺激の無香料石鹸とお湯で代用可)


②似たような製品でユーザー評価が高いもの。
CozyCup CLASSIC【1】:30歳以下で、ご出産未経験者の方用
CozyCup CLASSIC【2】:30歳以上の方、または、ご出産経験者の方用
※【1】か【2】かの対象は、上に同じく。おおよその目安で個人差があります。


どちらのブランドの物も、ユーザー評価がとても高いので、気になっています。


*****

関係ないのですが、日本では見たことのないものを発見してしまいました。
Pipi Pappe:女性が立った姿勢で排尿できる道具だそうです(@_@;)

スクワットの状態で用を足すのは時代遅れだとか書いてあります。
汚いトイレでの細菌感染のリスクが100%回避されるそう。

そうですね、こちらだと便座がないトイレや、あってもすごく汚いトイレ、など、日本の公園の公衆トイレよりも酷いもの、沢山ありますものね。
みんなどうしているんだろうと思ったら、スクワット…
それを回避するのにこんな道具まで発明されてしまったのですね。
昨年、南米旅行(トイレが一番大変だった(>_<))する前に知りたかったです。笑

それに足腰を痛めてしまった方とか、お年寄り、妊婦さん?などで立ち座りが大変な方には、良いかも。
驚きました。

*****

私ごとですが、年々、生理痛が酷くなってきます。
婦人科には異常なしと言われましたが…

母曰く、「早く子供産めっていう身体のサインなのよ」と…
新しいタイプの急かされ方をしています。汗

いやぁ、まだ旅行で行ってみたいところが沢山あるし、これからクリスマスマーケットだからグリューワインいっぱい飲みたいし、ドイツワインも色々試したいし、ムニャムニャ…
と、母による攻撃をかわしています(-_-;)






ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック