ドイツの生理用品 ナプキン編






こんにちは。今日は女性向けの記事です。
そう、Die Menstruation生理についてです。

全く関係ない方にはごめんなさい。
でも、昨日ドラッグスーパーDMに行ったら、生理用品売り場の前で男性が佇んでいて、しばらく悩んだ後、電話をかけて、
「長さは?羽根は?」なんて会話していたので、彼女か奥様か姉妹か…きっと買ってきてって言われたんだろうなと。
日本人の男性なら頼まれても拒否しそうでなものですが…優しいですよね。
ということでどなたでも、優しい方には関係なくはないですかね?笑


まず、日本の生理用ナプキンはクオリティがとても高いです。
ものすごい技術で、吸収力が良くて、薄くて、肌に優しい製品ができあがっているようです。
ジャパニーズクオリティ万歳です。

それに比べて、スペインのもドイツのも…涙
日本の10年前のナプキンはこんなだったかな…というかんじ。
決して使えなくはないんです。現地の人たちはそれで生活していますから。

でも、一時帰国の機会がある度に、いくらか日本で購入して持ってきています。
ナプキンって、パッキングのとき、結構良い緩衝材になるんです。税関で荷物開けられたら恥ずかしいんですけど…

特に夜用は重宝します。
DSC02972.JPG

こちらの夜用じゃ、不安で安眠できない(>_<)
DSC02974.JPG
ね、薄いでしょう…?汗
ちゃんと分厚いのもあるんですけどね。やっぱり日本のものには敵いません。

日本から持ってくるのは、多い日用・夜用・ロング系の吸収勝負なものが良いでしょう。

こちらのものも色々試しています。

日本から持ってきた、軽い日用。
DSC02973.JPG
これは、ヨーロッパの最安値のもので代用可ですね。

こちらのナプキン(Binden)殆どの製品が、雫の量で多い日~少ない日が一目で分かるようになっています。
羽つき(mit Flügeln)かどうかも、文字や絵で明記してあります。
あとは、香りつき(mit Duftstoffe)かなし(ohne Duftstoffe)かなど。

ドラッグストアDMのプライベートブランドJessaのもの。
DSC02971.JPG
右2つ:Dry-Comfort-Oberfläche(ドライで快適な表面)
左2つ:Weiche Vliesoberfläche(ソフトなフリース状表面)
なんていう特徴も書いてあります。

こちらでメジャーなブランド、always。
DSC02967.JPG

別に悪くはないのです。普通に使っています。
ただ、日本にあるような、「吸収力すごいのに表面さらさら感」は諦めたほうが良いかもしれません。
10年前のウィ●パーのような、ビニール感です。

また、個包装されているものと、1個ずつむき出しで入っているものがあるので、それぞれ外出時の持ち運び用と、家のトイレに置いておく用と使い分けています。

箱入りはほとんどむき出し、ビニール入りのもむき出しのものがあるので、よく見る必要があります。
日本ではむき出しの生理用品ってなかったですよね。でも確かに家で使う場合は、個包装する必要はない気がします。
エコですね。

ドイツの生理用品 月経カップ編に続きます。






ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

この記事へのコメント

  • けいちん

    初めまして。ナプキンが気になってたどり着きました。私は'94にイギリスに1カ月だけいましたが、当時のイギリスのalwaysは粘着面が凄く強すぎて、剥がす時にバリバリバリ〜って鳴るわ、一部ショーツから外れず、糊のようにビニール部分がショーツにくっついて、これまた小さいのに取り除くのが難しいわで大往生しました(ーー;)まあ、漏れに関しては、意外と大丈夫でしたが。とはいえ、1カ月の滞在=たった1回の生理体験でしたが(笑)
    2016年09月11日 17:30
  • Nassy

    けいちんさま
    それ、すっごくわかります!
    特に、一部、ショーツから外れず‥のくだり。苦笑
    94年ということは、ヨーロッパ生活の大先輩ですね!
    少しずつは改善されているとは思いますが、強すぎるのは変わってないようです。
    日本の優しくてフワフワのナプキンが恋しいです‥
    2016年09月19日 18:56
  • 朝ゆう

    2016年10月14日 21:28
  • 朝ゆう

    初めまして。今月からハンガリーに引っ越してきました。
    アパートがまだ決まらずホテル暮らしで、荷物を受け取れないまま生理が来てしまい、どうしよう〜〜〜と調べていてたどり着きました。
    ホテルの近くにロッシュマンがあり、無事入手することができました。
    硬水対策、洗剤なども参考にさせていただきます。
    これからも宜しくお願いします。
    2016年10月14日 21:34
  • Nassy

    朝ゆうさん
    初めまして。お引越しお疲れ様です。
    しばらくは大変なことばかりだと思いますが、ゆっくりゆっくり慣れていってくださいね。
    少しでもお役に立てたならよかったです。ハンガリーにもROSSMANNあるんですね!
    こちらこそ、よろしくお願いします♪
    2016年10月16日 21:37
  • テレビ大阪「和風総本家」原田です

    初めまして。 

    日本で「和風総本家」というテレビ番組を制作しております、
    原田健人と申します。  突然のコメント失礼いたします。 

    只今弊社の番組で「世界で見つけたMade in Japan」という企画をしておりまして、 
    今回、シュツットガルトにお伺いしようと考えております。 

    企画の概要としましては、日本で作られた製品・商品が、遠く離れた異国の地で、 
    大活躍している、もしくは愛用されているといった事実を追い求め、 
    その現場を取材するといった流れの番組構成です。 

    例えば・・・・ 

    ①有名な~~(場所・建物)で 
     実はニッポンの○○という素材・技が 使われている 
    ◆○○美術館では、その壁面の修復に日本の漆喰の技術が使われている 

    ②生活に身近な○○が、実は日本製 
    ◆地元の飲食店で出される食器などが、実は日本製 
    ◆日本製の○○をこよなく愛している人がいる  などです。 

    ※シュツットガルトにある日本料理屋さんや、現地の日本人が使用している日本製品ではなく、 
    現地の方が何か理由があって使用している日本製品を探しております。 
    また、家電や車、アニメなどではなく、シュツットガルトの文化に溶け込む形で使用されている日本製品を
    探しております。 

    お心当たりがございましたら、ご連絡いただけたら幸いです。 
    連絡先を明記させていただきます。
    手段は問いませんので、何卒よろしくお願いいたします。 

    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
    テレビ大阪「和風総本家」担当: 原田健人 
     〒104-0045 
     東京都中央区築地1-13-14 NBF東銀座スクエア6F 
     TEL : 03-3543-7777 
     Email : wagu137@yahoo.co.jp 
    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*
    2016年11月06日 20:29

この記事へのトラックバック