食洗機用洗剤 Geschirr Reiniger 4種類比較






こんにちは。
食洗機が家に来てから、家事がとても楽になりました。

そしてなぜか4種類も常備されている食洗機用洗剤 Geschirr Reiniger。
今日は、今まで使った食洗機用洗剤の比較をしたいと思います。

【関連記事】
食洗機購入・取付け ドイツ
食洗機の使い方 Spülmaschine,Geschirrspüler ドイツ
食器用洗剤 Frosch


1.Finish Classic Tabs
DSC02329.JPG
タブレットタイプ
36個入り(651g)

全世界で有名なfinishの最もオーソドックスなタイプです。
Müllerで買いました。DMでもスーパーでも、どこにでもあると思います。


2.Klar Spülmaschinen-Tabs
DSC01989.JPG
タブレットタイプ
25個入り(500g)

KlarはドイツのEco Sensitiveを掲げるオーガニックブランドです。
食洗機用洗剤だけでなく、洗濯用洗剤やハンドソープなども展開しています。
敏感肌やアレルギーにも優しいとあるので、口に入る可能性のある食器用の洗剤として、安心ですね。
毎度おなじみのオーガニックスーパー、Alnaturaで購入しました。


3.Tabs für Geschirrspülmaschinen
DSC01987.JPG
タブレットタイプ
25個入り(500g)

Sonettもドイツを代表するオーガニックブランドで、かなり徹底して地球環境にも人にも優しいブランドです。
個人的には、このブランドが最も安心かな、と思っています。
商品は洗濯洗剤・食器洗剤・お掃除関連・石鹸類など色々なラインナップがあります。
お風呂用洗剤・ガラス用洗剤 Badreiniger・Glasreiniger(Sonett)


4.Maschinenspülmittel
DSC01984.JPG
粉末タイプ
1kg

同じくSonettからの粉末タイプです。
ヨーグルトについてくるお砂糖(フロストシュガー)みたいな軽いパウダーで、溶けやすくなっていますが、湿気ると固まってしまいます。
固まった場合は、とりだして広げて電子レンジにかけると、少しは良くなります。
タブレットは一度に使う量が決まっていますが、油汚れがあまりない場合、食器が少ない場合は、粉末タイプで量を少なめに入れています。



我が家にある食洗機用洗剤 Geschirr Reinigerはこの4種類です。
場合によって使い分けているのですが、使用感:

・汚れ落ち度     Finish > Klar > Sonettタブ ≒ Sonett粉末
・安心度       Sonettタブ ≒ Sonett粉末 ≧ Klar ≧ Finish
・値段(1gあたり)(安) Sonett粉末 > Klar ≧ Finish ≧ Sonettタブ(高)

こんなかんじです。
※個人的な感想です。

汚れ落ちは、かなり、差を感じます。
Finishを使うとピカピカで、とても気持ちが良いです。
Sonettはいまいち…
食器の表面にちょっと粉っぽさが残る場合もあります。


安心度という点では、これはブランディングに依るところも大きいのでしょうが、オーガニックを掲げているブランド順となります。
ただ、日本のFinishのCMは、「子供が口にするものだから、いつもピュアに。」と掲げていますね。
日本で安心を掲げ、こちらでそういう点をアピールしないのは、日本人は安全面をかなり気にするからでしょうか。
国内外メーカー問わず食洗機に使えるとある以上、製品自体にそんなに差をつけるようには思えないのですが…
でも、99.9%除菌、化学成分をカット、と謳っているけれど化学成分=青色着色剤のようです。
HPの成分情報を見ると、タブレットには着色剤・香料、漂白剤など入っていますし…

やはり、俗に言う薬品面での安心安全は、オーガニックブランドの圧勝でしょう。
(しかし汚れがきちんと落ちていなくて雑菌が繁殖したら、、どちらが安全かわかりませんが。)


価格面では、タブレットの値段差は微々たるものです。


ということで、場合によって、使い分けるのが良さそう、という結論になりました。
うちのシンク下が洗剤類でごちゃごちゃしています。







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック