家庭用フードスライサーで薄切り肉 Allesschneider ドイツ






海外在住(ヨーロッパ在住)の日本人が食材の買い物で困るのが、薄切り肉。
きっと日本人が多いパリやデュッセルドルフなんかには売っているのかなぁ。

スペインでは結構な大都市でも売っていなくて、薄切りにスライスしてくれる対面販売のお肉屋さんが、日本人コミュニティの中で知れ渡っていました。
Paraしゃぶしゃぶ、Paraすき焼き、(スペイン語でParaが、英語のforにあたります)と言うと、スライサーで薄くスライスしてくれるのです。
私が住んでいたところには、薄切りにしてくれるお肉屋さんが3軒くらいありました。
いつも牛・豚を各300g×3包にしてもらって、1つはその日のうちに、あとは冷凍して使っていました。
まだスペイン語が分からなかった頃からゆっくり対話してくださった、すっごく優しいお肉屋さんのおばさま、とても恋しいです。


さて、ドイツに引っ越してきて、フランクフルトが近いものの、私の住む街には日本人どころかアジア人があまり住んでいないようで、薄切り肉にしてもらえそうな雰囲気のお店が見つかりません。
お肉屋さんでもスーパーでも、買い物客の皆さん、ブロック肉を、そのまま購入か、結構豪快なかんじに切ってもらっています。
別に薄切りじゃなくても生きていけるし、なんて開き直っていたのですが、心のどこかで薄切り肉を求めている。
肉じゃがだって挽肉ででもなんでも出来るけど、やっぱり薄切りがいいなぁ…
しゃぶしゃぶ食べたいなぁ…
肉巻きとか、すき煮とか、豚汁とか…
なんてことないものだけれど、妙に欲してくるのです。

薄切り肉が必要な時には、フランクフルトに買いに行くしかないかなぁ、なんて思っていたところ、スライサーの存在を知りました。
そして調べていたらなんと、日本人の方がこれで自宅で薄切り肉を作っているみたい!!
しかもお値段がとってもお手頃のようで、これは試してみるしかないと、早速Amazon.deで購入してみました。

Siemens のフードスライサー、28,5ユーロでした。評判が良くて安い!即決です。

DSC02650.JPG
肉だけではなく、ドイツ人が野菜、チーズ、ハム、パンなどを切るのに使うようです。
DSC02651.JPG
DSC02652.JPG

早速、牛と豚をブロックで500gずつ買ってきて、試してみました。

まずは牛肉から。
DSC02493.JPG
セットして、スイッチ(安全のために2ヶ所を同時に押すようになっている)を押しながら肉の塊を透明な板で押しつけると…
DSC02500.JPG
反対側からニュルっと出てきました!笑

なかなかの薄さです。いいかんじ!
DSC02517.JPG
今日使う分以外は、大切にラップに包んで冷凍庫へ。
DSC02514.JPG

次に豚肉。
DSC02519.JPG
セットして…
こんなかんじ。裏が透けて見えます。
DSC02524.JPG
そうそう、この感じ!
これも、2/3はラップに包んで冷凍庫へ。
DSC02526.JPG


これの良いところは、本体も歯も、ほぼ分解できて丸洗いできるところ。
DSC02529.JPG
きれいに洗って…

実験。パンも切ってみました。
DSC02531.JPG
とても綺麗に切れます。
15mmまでの厚さに対応しているようです。


この日は、肉メインでしゃぶしゃぶ!
冷蔵庫にあった、ニンジン、キャベツ、長ネギ、玉ねぎ、などを入れました。
DSC02543.JPG
〆はアジアスーパーで買ってきた辛ラーメン!
とっても贅沢な気分の夕食になりました。
ゆず胡椒は賞味期限切れていましたけれど。冷凍してたから大丈夫!ははは


お肉を薄切りに切ってもらえるのでしたらそれに越したことはないけれど、お肉屋さんいつも並んでいて手間かけるのが嫌だな、とか、近くに薄切りにしてくれそうなお店ないよーって方にはとてもお勧めです。

・私が買ったSIEMENSのスライサー(黒)。28,5ユーロ。
Siemens MS42006N Allesschneider

・SIEMENSのスライサー型違い(白)。27,99ユーロ。
Siemens MS42001N Allesschneider

・ほぼ同じ機能で、Boschのものもありました。27,99ユーロ。
Bosch MAS4201N Allesschneider

ドイツはお肉が安いので、お肉料理の幅を広げてくれる薄切りマシン、重宝しそうです。
肉ライフの充実、ウキウキです♪






ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

この記事へのコメント

  • Panda

    はじめまして、スイス在住のPandaです。
    最近、薄切り肉があったら便利だなと思い、色々と検索していてこちらのページにたどり着きました。とっても便利そうですし、とても羨ましいです!私も購入しようと思いました。
    いくつか質問させていただきたいのですが、スライサーの切れ味が落ちるということはありませんか?固い半冷凍のお肉を切るので、切れ味がどんどん悪くならないかが少し心配です。
    あと、実際どれくらいの薄さにスライスできるのでしょうか。慣れれば、日本で購入できる薄切り肉の厚さくらい、問題なくスライスできるのでしょうか。
    突然のコメントで、質問ばかりですみません。
    2017年05月23日 00:48
  • Nassy

    Pandaさま
    はじめまして。ブログを読んでくださってありがとうございます。薄切り肉があると料理の幅がかなり広がりますよね。
    我が家では1ヶ月に2度ほど使用していますが(多めに切って、その日使わない分はラップに小分けにして冷凍庫へ♪)、購入から1年半、今のところ切れ味が落ちていると感じることはありません。洗ったら歯の部分はすぐに水気をふき取るように、一応気は使っています。
    薄さについてですが、残念ながら日本のスーパーのものほどには薄く切れません。(もしかしたら技術の問題かも;)日本の薄切り肉の1,3倍くらいの薄さかなぁ、といったところ。でも、すき焼きやしゃぶしゃぶ、炒め物などには問題無い程度だと思っています。(部位にもよりますが、喉肉なんかは特に柔らかくてよく使っています。)
    切ったり洗ったりしまったりする面倒くささは正直ありますが、個人的には買ってよかったと思えるものでした(^ ^)
    2017年05月23日 22:33
  • Panda

    お返事ありがとうございました(^^)
    定期的に使っておられて切れ味の問題もなく、料理の幅が広がるのであれば、絶対に買いですね!薄切りの程度についてもお返事いただけて、安心しました。
    早速購入しようと思います♪
    2017年05月26日 12:27
  • ヨーロッパで日本食関係の仕事に携わっています。肉をあらかじめ冷凍させ(できればマイナス20度)スライサーにかける前に電子レンジ(600ワット)で軽く肉の表面を解凍させます。使い切らない切った肉を再び冷凍庫に戻せば、ひと月ぐらい持ちます。
    2017年05月28日 01:11
  • Ted

    先ほどスライサーについてコメントしたものです。家で20年使っていたスライサーの調子が悪くなったので、何気なくGoogleでスライサーと入力したところこのブログが出てきて、読ませていただきました。
    2017年05月28日 01:30
  • Nassy

    Tedさま
    素晴らしい情報ありがとうございます。
    安物の冷凍庫を使用しているため、−20℃には達していなそうですが、凍らせてスライスさせる方法を試してみようと思います。
    20年も使用されて、素晴らしいですね。私もこのスライサーを、大切に使おうと思います。
    2017年06月01日 20:13

この記事へのトラックバック