食洗機の使い方 Spülmaschine,Geschirrspüler ドイツ







食洗機購入・取付け ドイツ(過去記事)に続き、食洗機の使い方をご紹介します。

※お陰様でたくさんの方にこの記事を読んでいただいているようです。ありがとうございます!
2016年10月に、最新の情報を追記しました。
また、食洗機のメンテナンス・Maschinenpfleger(食器洗い機用クリーナー)(関連記事)も、よろしければご覧ください。


Geschirr:食器
Spül:洗う
Maschine:機械
なので、食洗機はSpülmaschineやGeschirrspülerなんですね。

我が家の食洗機、bekoのDSN 6634 FXでの使用法を記載しています。
大体どれも使い方は一緒かなぁと思いますが、お持ちの食洗機の説明書にも目を通してお使いください<(_ _)>
(ドイツ語に不安がある場合、製品HPから取り扱い説明書を探して、google翻訳すると便利ですよ♪)

DSC01960.JPG

必要なもの
・食洗機 Spülmaschine, Geschirrspüler
・食洗機用洗剤 Geschirr Reiniger(タブレット状のものTabsと粉状のものPulverがある。)
・食洗機用塩 Regenerieren Salz
・食洗器用リンス剤 Klarspüler

※主にタブレット型の洗剤に多いのですが、2-in-1, 3-in-1, 4-in-1, 5-in-1など、塩やリンス剤が一緒になっているタイプの洗剤を使用する場合は、下二つは不要。
その場合は、下記、準備 - 塩充填、と、準備 - リンス剤充填、の手順も省略可になります。


準備 - 塩充填
1.下段のカゴの下に、塩を投入するところを見つけ、蓋をあける。
DSC01967.JPG
蓋はちょっと固かったけれど回したら外れました。
DSC01992.JPG

2.水1Lを入れ、食洗機付属の漏斗を使って、食洗機用塩 Regenerieren Salzをいっぱいになるまで入れる(我が家のには2kgも入ります)。
DSC01993.JPG
お馴染みDMのプライベートブランドDenkmitの塩。
DSC02017.JPG

3.塩が混ざるようにスプーンか菜箸を使ってかきまぜ、蓋を閉める。

4.一度、食洗機をまわす。
(こぼれた塩などによる機械の損傷を守るためなので、最も短いプログラムでOK。我が家の場合はVorspülen-15minです。)
DSC01964.JPG
Ein/Ausボタンを押すと電源がつくので…
DSC01998.JPG
ProgrammでVorspülenを選択。
黒いボタンStart/Pauseを押すと始まります。

表示パネルの残り時間が0になったら蓋を開けてOK。Ein/Ausボタンで電源OFF。

※暫く塩不足マーク(Sみたいなの)が消えないかもしれないけれど、そのうち消えるはず。

準備 - リンス剤充填
5.扉の裏に、洗剤を入れるポケット(シャワーのような絵)と、リンスを入れるポケット(放射状にシャワーがでているような太陽のような絵)があるので、リンスの方を開く。
DSC01965.JPG
↑洗剤のほうが開いてしまっていますが、右の閉まってる方がリンス用ポケットです。

6.リンスポケットに、1-6の数字のバーが書いてあるので、自分の地域の水の硬度によって数字を選択。
我が家の場合は4にしています。
※食洗機使用後、食器に水滴がついていた場合→数字を上げる、汚れ・曇りがついていた場合→数字を下げる。

7.MAXのマークのところまで、食洗器用リンス剤 Klarspülerを充填させる。
DSC01985.JPG
SonettのKlarspülerを使っています。

8.周りにこぼれたリンス剤は、きれいに拭きとる。
(リンス剤が洗浄を阻害してしまうことがあるらしい。)

※暫くリンス不足マーク(太陽みたいなの)が消えないかもしれないけれど、そのうち消えるはず。


食器洗い手順
1.食べカスなどはきちんと捨ててから、汚れた食器類を並べる。
汚れた面を内向き、下向き、に並べると効率的。

2.扉の裏のポケットに、食洗機用洗剤 Geschirr Reinigerを投入してポケットの蓋を閉じる。
DSC01997.JPG
タブレット状のものか粉状のものかは食洗機が対応する限り、お好みで。
私は、食器が多いときはタブレット、食器が少なめのときは粉状のもので少なめに、しています。
食洗機用洗剤 Geschirr Reiniger 4種類比較(関連記事)
洗剤の入れすぎにはご注意!

AlnaturaのPAYBACKポイント7倍クーポンにつられて洗剤を沢山買ってしまった。
・粉状
DSC01984.JPG
Sonett

・タブレット状
DSC01987.JPG
Sonett
DSC01989.JPG
Klar
DSC02001.JPG
Finishのタブレット(これは試供品でいただきもの♪)

→2016年10月現在、いろいろ試した結果、Finish/Calgonit Quantumを使用しています。
グラスも濁りなく綺麗になるのが気に入って。

3.食洗機の扉を閉めて、電源ON!
DSC01964.JPG
Ein/Ausボタンです。

4.Programmで洗浄モードを選択。
DSC01998.JPG
この表示パネル中段、Sみたいなマークが塩不足マーク、太陽みたいなマークがリンス剤不足マークです。

5.Start/Pauseボタンでスタート!!
終了したら扉を開く事ができます。Ein/Ausボタンで電源OFF。


※塩不足マークやリンス剤不足マークが点灯した場合は、上記、準備の項目と同様に、塩充填・リンス剤充填をします。

※洗剤・塩・リンス剤について、
2-in-1, 3-in-1, 4-in-1, 5-in-1など、塩やリンス剤が一緒になっているタイプの洗剤もありますので、どれが必要か見て判断してください。
(→●-in-1タイプのタブレット洗剤使用の場合はプログラムスタート前にTab-Geschirrspülmittelを選択。)
私はなんとなく、塩不足マークやリンス剤不足マークが点灯するのが嫌なので、別々に使用しています。
→2016年10月現在、Finish/Calgonit Quantumを使用しているので、Tab-Geschirrspülmittelを選択しっぱなしにしています。

ボタン説明
DSC01998.JPG
Ein/Aus:オン/オフ
Start/Pause, Abbrechen:スタート/一時停止、キャンセル(3秒長押し)
Programm:プログラム
Halbe-Beladung:負荷半分(汚れが軽い場合の水・電力の節約モード。スタートを押す前に押すと表示パネルに1/2というマークが表示される。)
Zeitvorwahl:予約(開始時間を設定できる。)
Tab-Geschirrspülmittel:オールインワンタイプ(2in1, 3in1, 4in1, 5in1など)のタブレット洗剤の場合。スタート前に押すと表示パネルにタブマークが表示される。


beko DSN 6634 FXのプログラム
① Vorspülen:予洗い
(塩を充填したときに行う15分のコース)
② Mini 30:ミニ30
(35℃・30min、洗浄・すすぎ・リンス)
③ Eco:エコ
(50℃・171min、予洗い・洗浄・すすぎ・リンス・乾燥)
④ Schnell&Sauber:クイック&クリーン
(65℃・70min、洗浄・すすぎ・リンス・乾燥)
⑤ Intensiv:集中
(70℃・129min、予洗い・洗浄・すすぎ・リンス・乾燥)
⑥ Auto:自動
(40-65℃・75-154min、汚れ具合による)

私はそんなに急ぐことがないので、Ecoを選択することが多いです。
大抵の汚れはきれいに落ちます。
唯一落ちなかったのは、お皿にカレーがカピカピにこびりついていた時と、置き方が悪くてお皿が重なってしまった時くらい。
→2016年10月現在、Autoをよく使用しています。
Ecoも良いのですが、時間が長くかかるので、1分間あたりの水・電気使用量は少なくても、合計似たような結果になってしまっていたので。
Autoは食器の量・汚れ具合によって時間が変わりますが、大抵1時間半くらい終わります。

人生初の食洗機ですが、いつも小さいシンクで手洗いしていたのが、この食洗機が家に設置されてから、生活がかなり楽になりました。
ありがたや~♪







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック