食洗機購入・取付け ドイツ






DSC01959.JPG

【関連記事】
食洗機の使い方 Spülmaschine,Geschirrspüler ドイツ

我が家に念願の、食洗機が取り付けられました。
日本にいた頃もスペインでも、食器類は手洗いしていました。
パーティー後の後片付けの大変なこと… そして洗いものばかりしていると主婦湿疹にもなります。
スペインもドイツも、住んだ場所が結構きつい硬水だったから余計に大変…

それと、台を広くとるために、シンクが小さいのです。
まな板や大きめの鍋を洗うと、水が飛び出てしまう。
スペインの家もドイツの家もシンクが小さかったです。

以前に記事にしたように、シンクにお湯をはってつけ置き洗いするには、水道代節約で良いのでしょうけれど…
つけ置き洗いについて書いた記事はこちら→食器用洗剤 Frosch

購入はとても簡単でした。
1.キッチンのサイズを測る。

2.Media MarktやSATURNなどの家電量販店へ行く。

3.サイズに合った食洗機の中から好きなものを選ぶ。
判断基準は大体下記の通りです。
・EUラベルの記載事項(使用電力、水の使用量、性能(汚れが落ちるランク)、容量、騒音 etc.)
・値段(食洗機の実費+取付け費100ユーロ弱かかります。)
・デザイン(もともとオリジナルの扉がついているもの、自宅のキッチンの扉をはめることができるもの=隣の棚と統一感を出したい場合。)
・ブランド
※EUラベルについてはこちらの記事をどうぞ→環境への配慮とお得な家電 EUエネルギーラベル

4.店員さんに購入したい旨を伝える。
すると、以下のようなことを聞かれます。
・現在の家の食洗機設置の有無(取付け工事のため。うちは無だったので、取付け工事費が20ユーロほど安くなりました。)
・家の住所や電話番号、エレベーターの有無
・取付け工事の日時の希望

5.店員さんにもらった紙を持って、レジへ行き、会計を済ます。

6.取付け工事の日に自宅待機。(取付けたい部分に置いてあった物をどかしておく)

以上です。結構構えていたけれど、とても簡単でした。

取付け工事当日は、2人の若い青年がやってきました。

DSC01957.JPG
既設のキッチン(食洗機を入れる部分の棚)の解体、
汚いですね、失礼。

DSC01968.JPG
電気・水道管を繋いで、
(繋ぐための部品がなく、その場で5ユーロで購入)

DSC01960.JPG
試し運転、

DSC01959.JPG
(自宅のキッチンの扉をはめるタイプのものを購入したので)既存のキッチン扉の食洗機への取付け、

最後に使い方の説明、全てやってくれました。

こちらはドイツ語がほとんど話せなく、向こうも英語があまり話せなく、i-Padで翻訳したり画像検索したりしながら…笑
ごめんねお兄さん、早くドイツ語勉強するね…

DSC01961.JPG
食洗機の隣のオーブンが邪魔してなかなか奥に食洗機が入りこまず、試行錯誤して2時間弱かかりましたが、とても綺麗に、完璧に設置してくれました。

実際に動かしてみて、音はとても静かだし、汚れもとてもきれいに落ちるし、感動ものです。
食洗機の使用法についてはまた改めて記事にしたいと思っています。


-余談-
工事の青年たちが帰った後、昼食を作ろうと思ったけれどコンロに火がつかない。オーブンもつかない。
…そういえば帰り際、オーブンの方触ってた1人はそそくさと家を出て行ったし…あの人たち、逃げたなぁぁ
名前も聞かなかったし、SATURN(購入した量販店)に苦情を言うしかないかなぁ、
こっちはスペイン生活でこういう場合に戦うのには慣れてるんだぞ!(我ながら強くなったな)
なんて思っていたら…

そういえば、お兄さんたち工事するのにキッチンの部分のブレーカー落としてた!(思い出す)


ブレーカーつけてみる。

あっ、全部ついた。(テヘっ)


疑ってごめんなさいお兄さま方。印象通り、すごく良い方たちでした。
ここは実直な人が多いドイツでした。







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック