食器用洗剤 Frosch






DSC00454.JPG

ドイツで初めて買った食器用洗剤は日本でもおなじみ、Froschのザクロ(Granatapfel)の香り。
ザクロの香りだなんて珍しい!と思って買いました。後に、ドイツの入浴剤・洗剤系はザクロの香りがすごく多いことが発覚。

フロッシュ 食器用洗剤 ザクロ 500ml - フロッシュ 食器用洗剤 ザクロ(500mL)日本にも売っているみたいです。)

ザクロには、
アンチエイジング効果のあるポリフェノール
女性ホルモンであるエストロゲン
美白効果のビタミンC
…(その他まだまだいっぱい)
女性にとって嬉しい効果がいっぱいなので、肌に触れるものはザクロ、なのでしょうね。

植物性の界面活性剤
使用後は生分解される
容器はリサイクル可能
生産過程でも環境に配慮

さすが、ECO大国ドイツの国民的洗剤です。

使い方は、洗い桶に汚れた食器を全部つっこみ、暑いお湯をはる。そこにFroschの洗剤を数滴垂らし、数分放置。
しばらくしたら、桶の中でごそごそ洗い、流さずに乾燥させる(!?)。
はじめて聞いたときは衝撃的でした。
そのままその食器を使ったら、食品や飲料と共に界面活性剤食べちゃうことになるんじゃないの!?
だからこそ、数時間経つと成分が生分解されるようになってるのかもしれないけれど…

やっぱり日本人なので、水で洗い流しています。
というか、つけ置き洗いじゃなくて日本風にスポンジにつけて、食器ゴシゴシ洗ってます。

日本人は水道代、ドイツ人よりもかなりかかるんですって。
お風呂にお湯ためて入る
毎日シャワー浴びる
料理をよくする(ドイツ人は昼だけ温かい食事をする家庭が多いそうな)
食器を水たくさん使って洗う


そんなこと言われても…
ECOと清潔を天秤にかけてしまう。。
出来る範囲で、なるべく節水を心がけていきましょう。







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック